上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

やっとここまで来ました。ブドウ苗の植え付けです。
ここからブドウ栽培の始まりといった感じです。
植え付けた本数はたった12本なんで、農家と言う程でもなく趣味の領域かもしれませんが、ここからが始まりです。
植え付けたのは、サニールージュ3本、藤稔6本そしてシャインマスカットが3本です。
本格的に収穫できるのは3年後となりますが、これからの栽培管理が大変であり、非常に楽しみです。
2017.03.28 / Top↑

週末の1日半で残りの建て込みを奥さんと息子の3人でなんとか完了することができました。
水糸張ってキッチリと水平を取ったつもりでしたが、出来上がりはやっぱりガタガタになってしまいました。基本の部分のパイプを打ち込む穴あけで、専用の道具が無くコツコツと金テコで穴を作ったので、斜めになったり石に当たって歪んだりしたため、結局仕上がりは不細工になってしまいました。まぁ、素人の自家施工としてはこんなもんでしょう。
という事で、なんとか3月中に苗の植え付けができそうです。
しかし、苗を植え付けてからも灌水施設の設置やネット張りなど、まだまだやる事が待ってます。
2017.03.26 / Top↑

3月中にぶどう苗を定植しなければならないので、年度末なにかと忙しいところですが有給休暇を頂いてぶどう棚の建て込みを始めました。
棚は通常のぶどう平棚ではなく、滋賀県の農業技術センターが開発したらしい低コスト簡易雨除けぶどう棚です。投資資金が乏しいと県の農業普及員に相談したところ、この方法を勧められました。しかも本日の作業に農業技術センターからと農業普及員の2名が指導を兼ねてお手伝いに来て頂ました。ありがとうございました。と言う事で夕までにここまで出来ました。ここまで出来ればあと少し、今週末にボチボチやりたいと思います。
2017.03.23 / Top↑
この3連休はブドウの苗を植える床造り。
私のブドウ畑は去年まで稲作をしており、周りのすべての田は今年も水田となることから、水が溜まる可能性があり、県の農業普及員の指導で植え床は深さ20~25cmで地盤から25~30cm嵩上げする事になりました。
ということで、1.2m四方で深さ25cmの植え穴を苗の本数の12本分を掘らなけれなりません。
先日、人力で1穴掘りましたが、とてもじゃないけど、残りを人力掘る体力と気力がありません。そこで知り合いからユンボを借りて来て掘る事になりました。

ユンボを借りて来ると言えば、息子が直ぐに手伝うと言って、率先してオペレーターをやってくれました。子供ってこういう建設機械が好きなんですね。また飲み込みも早いので、すぐに私が操作するよりも上手に乗りこなしてます。
なんとか穴掘りを終え、掘った土と周りから集めた土に堆肥、苦土石灰、ようリンを混ぜ合せ、1.2m四方深さ50cmに成形した防根シートと保護用の畦シートを埋め込んだ植え穴に再投入。

2日半掛かって、なんとか12本分の植え床が完成しました。
次は果樹棚の建て込みです。
2017.03.20 / Top↑

家に帰ると軽くて薄っぺらい荷物が届いていた。楽天で注文していた2XUのウエットスーツのようです。
初ウエットスーツとなりますが、軽さと小ささにまず驚き。そして箱の中には試着用の白手袋が入ってます。ゴムの生地がそんなに繊細なのかと、少し緊張しながら、おどろおどろしく試着。もちろん白手袋をはめて。


ウエットスーツを初めて着るので、どの位が丁度良いサイズなのか解りませんが、少し窮屈な位なのでジャストサイズなのでしょう。
実はネットで注文するときに、かなり悩みました。格安品とはいえ、2万円弱する物を、試着もせずに買うなんて、しかも返品不可ということで、慎重になりました。
私の身長は171cm、体重は現在66kg、腹囲82cm、胸囲95cm。2XUのサイズチャート表では、Sサイズが160~175cm、63~70kgとなっており、どうみてもこの範囲内。そしてその前後にはXS、ST、SMとサイズ展開が広い。レビューなんかを見ていると同じような体型の人がSだと窮屈だとだとか、丁度いいとかコメントもバラバラでさらに悩みました。
最終的に窮屈よりも余裕がある方がいいし、ポッコリお腹でもあるので、思い切ってSより3サイズ上のMにしました。
結果としてこの判断が大正解。小さいサイズを着たわけでは無いのでなんとも言えませんが、コレより小さければ息苦しかったかもしれませんし、ファスナーが閉まらなかったかもしれません。
こうなると早くオープンウォーターに出てみたい気分です。
2017.03.15 / Top↑

いつもは、自分が切ってるところなんて写真は無いですが、今日の作業でお仲間が私が切っているところをフェイスブックに載せてくれたので、その写真を頂いて記事を書いてみました。
3月なのに今日はポカポカ。山で作業してたら汗だく、かなりバテました。秋から何度も山に入ってますが、今シーズンは思ったほど薪の収穫量が無い。今日伐採した切り口を見たら、もう瑞々しく滴る様に水を上げている。そろそろ伐採シーズンも終わりたいところですが、余裕がないので、まだまだ梅雨に入るまでドンドン切りますよ。
2017.03.12 / Top↑
びわ湖トライアスロン
昔から、ほんとに昔の30年ぐらい前から、いつかはトライアスロンに出てみたいと思いながら気がつくと50才になっていた。ネックとなっていたのはスイムでした。高校の授業以来ほとんどプールなんて入ったことがなく、入ったといえば子供が出来てから長島ジャンボ海水プールか芝政ぐらいです。ポッチャリお腹と毛深い体を晒したくないのでスイミングスクールなんて無縁だと思っていて、スイムの特訓なしではトライアスロン出場なんて絶対無理だと思ってた。しかし先日、高校時代の恩師の還暦パーティで出会った、ずっとトライアスロンをやっている同級生が、スイムなんてウエットスーツ着てたら体が浮くので、何となく手足をバタバタしてたらクリア出来るで、という一言に背中を押されて、勢いでびわ湖トライアスロンにエントリーしてしまった。気が付けばもうあと100日を切っていますが、これから3種目の練習と、必要な道具を買い揃えていかなければなりません。まずはウエットスーツですが、とりあえず、ネット見ながら楽天で探してみます。
2017.03.11 / Top↑
今年からぶどう栽培を始める事にした。
特に理由は無いのだが、何となく、趣味か、副業か、ただぶどうが食べたいだけかもしれませんが。
どうせやるならソコソコしっかりやりたいので、県の農産普及や農協に相談して、おすすめの栽培方法でやる事になった。
栽培方法は滋賀県が開発した根域制限栽培というもの。詳しくはまた後日述べるとして、本日、ぶどう棚等の部材が納品された。これで後には引けなくなりました。

そして、試しに根域制限栽培する防根シートを埋めるための1.2m角で深さ35cmの穴を掘ってみた。こんだけ掘るのに1時間近くかかってしまいました。これをあと11穴掘ると考えるとぞっとします。やっぱりユンボを借りて来て掘らないとダメですね。
2017.03.08 / Top↑

7月に入って梅雨の中休みか猛暑日が続いていますが、朝から河川愛護の草刈りのを終えて、裏庭を見ていたら、何やら蜂達が賑やかに飛んでいる。そのうちに14-4号からドンドン出てきました。この時期に分蜂か。しばらくして誘導板に張り付いた。大した大きさではないが、ほっとくのももったいので新しい巣箱に取り込んで16-2号としましょう。
しかし気になるのは出てきた14-4号です。ひっくり返してみたら、奥にスムシの営巣が見られたので、やはりこれは分蜂ではなく逃居だったのでしょう。
まだ巣の中にはたくさんの蜂達が残っています。多分女王も居ないでしょうが、同じ場所に新しい箱を置いて、蜂達を誘導し、14-4号はバラしました。スムシに食い荒らされた巣板にはたくさんの蜜が残っていますが、食用にはできませんので、せいぜい蜂達に再回収してもらいましょう。

2016.07.03 / Top↑
死児の山
我が家のニホンミツバチ群は、2年前に捕獲して昨年10リットル程採蜜した14-4号と今年入居した16-1号の残りたったの2群となっており、この大切な2群を何とか守って行きたいと考えていますが、もともと野生のニホンミツバチに入居してもらい、自然養蜂として蜂達の生命力に任せているため、これといって成す術が無く、あとは見守るだけといった状況です。
14-4号は益々蜂の数が減っているように見えますが、巣箱をひっくり返して見ると新しい王台も見えますし、花粉団子を抱えた蜂も少しは帰って来ているので何とか復活を期待したいところです。
そして16-1ですが、一見こちらのほうが群の勢いがあって、安心していたのですが、本日内検してみると、底板に何やら白い塊でまるでフグの白子のようなものがありました。よく見ると死んだ蜂児が山のように積まれてるじゃありませんか。慌てて掻き出して掃除しましたが、いったいどれだけの蜂児が死んでいるのでしょうか。これも何かの病気のせいでしょうか。このまま続けばこの群も弱体化していくかもしれませんが、これもどうすることできません。ただただ蜂達に頑張ってもらうしかなく、心配な日々がな続きます。
2016.06.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。