今年は車検の当たり年である。先月にお爺さんの軽自動車12万円、先週には嫁さんの乗用車14万円、半年後にはデリカD5の11年目の車検。3ヶ月前に10万円程の修理が懸かりましたが、今度の車検は20万円弱は覚悟してます。そんな出費が嵩むこの時期ですが、もう1台の我が家にとって畑仕事や薪作りにと1番活躍している軽トラが、今月末に車検が切れます。普通にディーラーに出せば10万以上懸かるところ、悩んだあげく、ユーザー車検に初挑戦しました。しかしこの軽トラ、2年前に車検してから、法定点検はもちろん、オイル交換もしていないし、フロントガラスも飛び石でヒビが入っている。こんな状態でユーザー車検に行くなんて、無謀な気がしてました。落ちる覚悟で行ってみたのですが、結果から言えば楽勝でした。書類の作成と手続きこそ面倒ですが、丁寧に教えてくれますし、車体の検査だって、検査員が付きっきりで案内してくれます。空気圧も見ないしエンジンオイルも点検記録も確認無し。普通に走行出来て燈火類がちゃんとついてれば合格する感じです。結局、費用的には自賠責保険25,070円、重量税6,600円、検査手数料1,400円の合計33,070円でした。こんなことなら、前からユーザー車検すれば良かったと思うところですが、車は命を預ける物でもありますので、しっかりと点検整備して、確実な物ならユーザー車検などで経費の節約をするといったことで、今後は考えて行こうと思ってます。
2017.07.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/608-5a4414de