5月も終盤、結局今年は分蜂群の捕獲ができませんでした。
家の裏の唯一の元気な越冬群からの分蜂をかなり期待してしていたのですが、残念です。
その巣箱内の様子を今日窺がって見たのですが、左の写真の4月24日に比べ、今日の右の写真ではかなり数が減っているようです。王台の跡も見えませんし、ここまで分蜂した様子も無いのに、これはやばいです。
本当の原因は不明ですが、数が減っていること、蜂児捨てがあること、分蜂しないことなどいろいろな状況から調べてみますと、やはりアカリンダニの影響でしょうか。
比較
このまま弱小群になってしまえば、たちまちスズメバチやスムシの餌食となってします。なんとか元気になってほしいので、アカリンダニ対策で、効果は不明ですがメントール処置を試してみることにして、ネットでの情報を参考に、スノコを作ってみました。

スノコの材料はホームセンターで買った桟木を使い、蜂が自由に出入りし隙間を塞がないように8mmの隙間としています。100均で買ったお茶パックにメントールを30g入れて、溶解して流出しないようにペットボトルの底を切ったものに入れて中心に置きました。
5段積んであった重箱の最上部を切り離し、スノコをセットし蓋をして、目張りのテープを張って終了。
さて、これで効果が発揮されればいいのですが、あとは蜂たちの頑張りに期待するしかありません。
スノコセット

2016.05.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/591-e2ca03dc