上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なんとなく養蜂を始めてから4年目、初めて秋に採蜜してみました。
去年まではたった1群しかなく、越冬後の春採蜜以降は貯蜜量が少なく、冬越しに向けて大事を取って秋は採蜜したことが無かったのですが、今年は順調に夏を越した群が9群あり、実験的に秋採蜜をやってみました。
秋採蜜
採蜜したのは2013年捕獲の第6号と2014年捕獲の6号。
13-6号は去年からの越冬群でしたが春にも巣がそれほど大きくなかったため今回が初採蜜。
14-6号は今年の捕獲群ですが、その中でも巣の成長がいちばん大きかったので、これも初めて春に分蜂捕獲した群をその年の秋に採蜜するということをしてみました。
巣板を取り出してみると、2群とも蜂蜜の詰まっていない空房がけっこうありました。勝手な考えですが、この辺りでは夏の間蜜源となる花が少なく、蜂達も蜜を集めることに苦労しているんじゃないでしょうか。こんな状況で越冬するための蓄えを取り上げてしまうことに不安を感じているのですが、この2群で秋に採蜜してもちゃんと越冬できるのかということを検証したいと思います。
秋蜜比較
垂れ蜜を採取してみると、2群で6リットル程になりました。
春に採蜜した左側の瓶に比べて、かなり色が濃い様に思います。
まだじっくり食していませんが、これからどのような違いがあるか味わっていきたいと思います。



2014.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/561-e05be895

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。