山の蜂場H26.6
1カ月ぶりに山の蜂場の様子を見に行きました。
狸や狐に荒らされてやしないか、猪や鹿に体当たりされてひっくり返ったりしていないか、とても心配だったんですが、どうやら無事でホッとした。
奥の3群は先月採蜜したもの、いちばん手前は今年の越冬群でまだ採蜜していないもの。
中の様子を窺がうのにデジカメを差し込んで撮影してみると、手前の群はもう4段目の巣落ち防止棒も見えないくらいに成長していて巣門に迫っているので、早々に1段採蜜して、下に箱を追加しなくてはいけない。
H13-1
残りの3群も覗いてみると、去年に捕獲した2群は3段程度の順調な様子。
しかし3年前の捕獲群はこれまた4段目まで成長していて箱追加が必要と思われる。
先月採蜜したところの群ですが、今年2回目の採蜜ができそうです。
ということで、早速2つの群を採蜜することに。

まずは13年1号の1段目を切り離すと、たっぷりと蜜が詰まってずっしりと重い。
13-1切取り

続いて今年2回目の採蜜となる11年1号を切り離します。
ちゃんと蜜が詰まっているか、育児層まで切り取ってないか不安でしたが、こちらも切り口がしっかり蓋掛け蜜で、ずっしりと蜜が詰まってそうです。
14-1切取り

最後に2群とも下段に重箱を追加して完了。
また秋にも採蜜できるでしょうか。
ミツバチさん達、がんばってね。
2014.06.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/554-461b1ffb