養蜂を始めてから3年、去年おととしと1群のみの越冬だったのでそんなに気にならなかったのですが、今年の春はミツバチの脱糞被害に驚いています。
写真は南に面したうちの壁ですが、ご覧の様に黄土色の糞がたくさん付いています。壁以外にも洗濯物にもたまに見かけます。ミツバチは冬の活動休止中に溜め込んだ排泄物を、暖かくなった日に外に出てきて一気に出すらしい。
この事態に一番気になっているのが、ご近所への影響です。
お隣のお宅を拝見すると、洗濯物を干しているベランダにビニールシートが掛かっている。これは洗濯物に花粉やPM2.5が付着しないようにか、それとも家のミツバチのフン害から逃れる為なのか、確認するのが怖いが、いずれにしても多少のご迷惑をお掛けしていることは確実です。蜂蜜が採れたときにはお裾分けして、「美味しかったよ」って言って貰ってますが、あんまり被害が多くなってはそうそう許してもらえなくなります。
やはり近所に住宅が在るところでは、養蜂は控え目にしないといけませんね。今年の分蜂シーズンが終われば、1群だけ残して、あとはそっくり山の蜂場に移動することにします。

2014.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/535-08d16503