シオヤアブ
初夏の時期、ミツバチの巣箱の周りにはいろんな天敵がやってきます。ブオォォーンと重低音を轟かせてやって来るオオスズメバチと違って、やや甲高い羽音でしかも高速で巣箱の周りを飛んでいるやつがいます。巣門の前でホバリングしたかと思えば、サッと1匹のミツバチを捕えて近くの木にとまり、噛み付いて消化液を注入し体液を吸い尽くすらしい。腹の部分が細長く米軍の軍用へりのような不気味なフォルムのこの虫は、尾の先に白い毛が生えていることから塩屋虻と言うらしい。オオスズメバチのように集団で巣を襲うことはないが、こうやって一匹また一匹と連れ去られては天敵として侮れない。
2013.07.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/509-9b873aa3