日本にはミツバチの天敵である世界最大の蜂オオスズメバチがいます。オオスズメバチはミツバチの巣箱に来襲して、働き蜂を次々に噛み殺して、幼虫の餌として巣に持ち帰る。ヨーロッパにはこういったものがいないのか、西洋ミツバチはオオスズメバチに対する抵抗力がなく、集団で襲われると時に群れが全滅することもあるらしい。だから日本では西洋ミツバチは野生化できないとか。しかし、在来種のニホンミツバチはこういった天敵にも抵抗力があるということが知られている。その方法とは天敵に集団で襲いかかり、蜂球となって個々の蜂が筋肉を振動させ発熱することによって熱殺するというもの。
うちの巣箱でも巣門で蜂球を見つけました。何を襲ったのか確かめるため蜂を払い除けようとするが、蜂達は強固に絡みつき離れようとしない。まるで転がっているようです。まさしく蜂球です。
[広告] VPS


なんとか蜂達を払いのけてみると、スズメバチではなくカミキリムシでした。間違って巣門に侵入しようとして、天敵に間違われてミツバチたちに襲われてしまったのか、すでにご臨終でした。
熱殺カミキリ
2013.07.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/508-37ea9ed0