MS150_convert_20130316210611.jpg
3月16日はSTIHLの日だとか。
何故かは分かりませんが、そんな情報を得ましたので、前々から欲しかった小型トップハンドルチェンソーもお得に買えるかと思って、スチールの販売ショップに朝から出かけました。
朝一で出かけたとはいえ、イベント当日というのにお店に着いても客で賑わっている様子はなく、受付表に名前を書いたのは1番目、先着順の記念品のチェンソーを持ったおじさんのキーホルダーを貰いました。
早速、お目当てのトップハンドルチェンソーを探してみるが、展示したあったのはMS201とMS150。MS201はさすがに片手で操作するには少し重い。本命はMS150だが、定価から見ると6.9万円のMS150に対して、少し重いが排気量が大きくしかも定価が4.8万円と安いMS192との間で少し悩んだが、慣性チェーンブレーキ搭載で世界最軽量という謳い文句と、店先に置いてあったデモ機の切れ味に惹かれてMS150の購入決定。所長裁定の値引きとオマケ商品、さらに黒毛和牛1kgのお肉まで付けていただきました。ありがとうございます。
午後から山に入って細枝の処理で試してみた。薄い刃のピコマイクロミニピコミニ1/4は軽量でしかも切れ味抜群。これから伐採時の枝葉処理、細枝の定尺カットに威力を発揮してくれそうです。
2013.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/489-db3a19e2