お盆にフル出勤した代わりに、子供たちの夏休みの最後に合わせて休暇を頂き、キャンプに行きました。計画では四万十川まで行って、カヌーで川下りや沈下橋からの飛び込みなんかをしようと思ってましたが、先週半ばから大型台風が北上を始め、天気予報を見ていたら、どうやら週末から四万十川地方は雨模様ということで、雨が降ってはキャンプも面白くないし、川が増水しては川下りもできない。ということで急遽行先変更することにした。しかし、川下りというキーワードが頭から離れず、結局南紀の瀞峡を川下りすることをメインにしてキャンプに行くことにした。初日は何箇所か寄り道して、夕方にキャンプ地の小川口の河原に到着。
小川口キャンプ
さっそくテント設営してから、歩いて瀞流荘裏のトロッコ駅から小さなトロッコに乗って湯ノ口温泉に入浴に行きました。泉質も浴場もレトロな温泉という雰囲気がいい感じでした。
湯ノ口温泉
テントに帰って夕食後、翌日に備えて早めに就寝しましたが、夜中に時折テントを叩きつけるような通り雨が降って、翌日のことを考えるとぐっすり寝付けませんでした。しかし、朝になって外に出てみると、雲が多いものの雨も上がって青空ものぞいているし、川も増水もなく澄んでいる。朝食をサッサと済ませて、テントを置いたままカヌーを載せて車で上流の田戸まで移動。瀞駐在所の横の急な階段からカヌーを担ぎ下ろして、ここから瀞峡川下りの出発。家族4人でカナディアンカヌー1艇です。子供たちもだいぶ大きくなり、少々定員オーバー気味ですが、ホワイトウォーターの激流もないので大丈夫でしょう。
瀞峡
漕ぎ出しは切り立った岩の瀞峡をゆっくりと漕ぎ下り、瀞峡を過ぎると雄大な北山川を下っていきます。たまにある小さな瀬で子供たちも大はしゃぎ。途中、観光ジェット船をやり過ごすために、岸に寄ったり休憩しながら、約8キロの川を下っていきます。
北山川
そろそろ終盤に差し掛かったところで、気が緩んでしまったのか、スマートホンを取り出してグーグルマップで現在地を確認しながら、瀞大橋が見えてきた最後の深みの瀬で、川岸の岩に当たって沈してしまった。深みであったため、子供たちもびっくりしてあわててしまいましたが、なんとか泳いで川岸にたどり着き無事でした。しかし、ポケットから取り出していたスマートホンが深みに沈んでしまったのと、子供が大事にしていた旅行先での思い出のピンバッジがいくつか付いていたお気に入りの帽子が流されてしまいました。気を取り直してなんとか復帰して、テント場まで戻ってきてから、テント脇にカヌーを置いて、近くの船着場から上流の田戸まで観光ジェット船に乗って、車を回送しに行きました。この後、駐在所に遺失物の届け出に行ったりして、最後に後味の悪い川下りになって反省しています。子供たちにも怖い思いをさせてお父さんの評価はダダ下がりです。今度またがんばります。
2012.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/478-a9ef5e64