燕岳山頂
子供達を連れての初登山に行ってきました。
まずは入門編ということで、初級者コースとして人気がある中房温泉から合戦尾根を登り燕岳を往復する一泊二日の行程としました。泊りはもちろん人気の山小屋燕山荘です。いずれは家族でテント担いで縦走なんていうのもいいですが、最初からしんどい思いをさせて「二度と行かへん」なんて言われても困りますし、僕自身も十数年ぶりの登山でかなり不安ですので、まずは山を楽しむということに主目的にしました。予定では梅雨明け後の安定して晴れの日が続きそうな日程としたのですが、今年は梅雨明け後どうも天気が不安定。天気予報もころころ変わり、結局登山開始時は曇りでガスに包まれ時折小雨。そんな中元気に上り始めるが、北アルプス3大急登の一つである合戦尾根は一段づつの段差が大きくやっぱりきつかった。第1ベンチ、第2ベンチと高度が上がるにつれて次第に疲れてくる子供たちですが、なんとか合戦小屋に到着。霧雨が降ってましたが、名物のスイカを食べて元気を取り戻して最後の頑張り。やがて森林限界をこえてガスの中を歩いていると、頭上に突然燕山荘が現れて到着。登り始めて5時間程の行程でちょうど正午ごろでした。燕山荘にチャックインして自炊の昼食後、ガスが出ててるので燕岳山頂には行かず、その日は山小屋でまったり過ごしました。
翌朝4時に目が覚めると快晴。ご来光を拝んで、モルゲンロートで赤く染まる槍ヶ岳や穂高連峰の周囲の山を眺めてから燕岳に登頂。子供達にも登山の楽しさをちょっとは味わってもらえたと思います。さて、今度はどこの山に登ろうか、いずれは白馬大雪渓か涸沢にも行きたいですね。
燕山荘
2012.07.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/473-e228a0b3