上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
けいはんなサイクルレースに参加してきました。
けいはんな:かいと

朝からバタバタして、結局家を出たのが8時20分。現地駐車場に到着したのが9時45分。
ぱぱのC4h出走予定は10時30分。とりあえず、ままさんに受付に行ってもらって、私は準備にかかります。準備しながら、ふと前を見るとストラーダジャージのおざっちさんがテントに居られる。すると、その横でにこやかに大仏のように鎮座しておられるのがononoさん?「初めまして」である。しかし、悠長におしゃべりしている暇は無い。ままさんからチップとゼッケンを受け取り、あわてて装着し、スタート地点に向かう。初コースにもかかわらず試走もアップもあったもんじゃない。
そうこうしているうちにスタート。1週目は先頭集団後方で様子見である。上り坂の斜度や距離を確認する。2週目徐々に前に上がって行くが、極力坂でも足は使わない。3週目に入るとスズカでチームメイトだったK村君が先頭で引き始めたので後ろにつく。実は彼、自走で見学に来ていたところ急遽代理出走することになり、入賞は出来ないのでガンガン引きますとのことだったのです。しかし、思いの他スピードが上がらない。後ろから「もっと行け、もっと回せ」と檄を飛ばすが、スズカの疲れと自走で来ていることもあり、もうダメだと言うので、仕方なく先頭に出る。後ろを見るとおざっちさんが付いている。こうなったらストラーダトレインでおざっちさんを引いて行こうと坂を駆け上がりる。ここで足を使ったのが最後に響いたか。下りのストレートでどなたかが前に出ていただいたので後ろに付かせていただく。最終回に入ったところで数名が前に出たので、いいポジションを確保して裏のストレートを行く。そして坂に掛かったところで、当初予定していた通りアタックを掛ける。坂の頂上で足は売り切れ状態。しかし、後ろを見ると少し離している。下りに掛かって、足は限界を超えていたが、優勝の2文字が頭をかすめ、無我夢中で足を回していたが、1つ手前の交差点までで2人、そしてゴール前で1人かわされ、結局4位。表彰台には上がれなかったが、自分なりに全力を出し切った納得のいくレースでした。
その後、写真のようにみねJrが小学校1・2年生のクラスに出場。
3月の後半生まれでクラスでも一番のチビである。今日のレースでも一番小さかったように思う。
しかし、汗だくになりながら、一生懸命クランクを回している。
そんな息子の姿を見て、父ちゃんはいっぱい勇気をもらいました。
父ちゃんも、もっともっと練習してがんばるよ~。
2008.07.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/47-19f31529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。