ハリエンジュ
近所の河原にたくさん自生しているハリエンジュが白い花を咲かせています。
天気も悪く、携帯で撮影したため、あまり綺麗には映っていませんが、今が見ごろです。
ハリエンジュはその名のとおり枝に鋭い針があって、伐採など取り扱いには注意が必要です。しかし、その材は重く密度もあって、薪にすれば火持ちも良くなかなか秀逸です。しかも、河原に自生していることから河川整備などにより伐採処分されることが多く、うちではそういった現場からよく頂いており、たいへん助かっています。そもそもこのハリエンジュは、明治の頃に街路樹や公園木として外国から持ち込まれたそうですが、繁殖力が強く成長が早いようで、こういった河原や荒地などに植生を広げているようです。しかし、日本古来の植生を脅かす恐れがあるとして要注意外来生物に指定されているようです。また、別名ニセアカシヤとも呼ばれており、日本で多く採れるアカシヤ蜂蜜というのは、実はこのニセアカシヤの花の蜜なんだそうです。ということで、家から直線距離で1kmぐらいのこの河原にたくさん咲いているアカシヤの花に、うちのミツバチたちもせっせと通っていることでしょう。河原に自生して厄介者扱いされているハリエンジュことニセアカシヤですが、家では大変お世話になっています。
2012.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/460-35c93939