上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
うちのニホンミツバチは本来野生の在来種なので、明治になって移殖された西洋ミツバチと違って、何も手を加えなくても普通に越冬するかもしれない。しかし、自然界では木の洞などに営巣し分厚い幹に覆われていたりするところが、重箱巣箱は板切れ一枚で野ざらしである。それに寒い時期は蜂蜜を舐めながら体を震わせて発熱し身を寄せ合っているらしい。そんなことから、すこしでも楽に越冬できるように巣箱の冬支度をした。
まずは、巣箱の板の隙間をガムテープで目張りをして、
巣箱目張り

次に巣箱全面を断熱材で覆うことにした。
使用したのはダンボール2枚で断熱材をサンドして3層構造にしたもの。
そして、巣門も少し狭くしてみました。
ちょっと過保護すぎるかな。
巣箱冬支度
2011.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/439-66d1a277

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。