9月1日に2回目の逃居をしたミツバチ群ですが、たぶん無王群になっているだろうと思っていましたが、一応裏山の杉の枝に集まった蜂球を新しい重箱に取り込んでおきました。あれから3週間、以外にも働き蜂たちはせっせと出入りをしていて、幼虫の餌であるはずの花粉団子も頻繁に集めて来ていました。ほんとに無王群ならそろそろ群れも弱体化して蜂の数が減ってくる頃か、もしくは働き蜂産卵を起こしているかです。ミツバチは女王蜂が居なくなると、働き蜂が無精卵を産み始め、それらからはすべてオス蜂が生まれるらしく、やがて群れが消滅するらしい。
ということで、本日、内検をしてみました。
ミツバチ第2章
以外にも蜂達の数は多く、巣を作り始めていてすでに1段目の重箱が一杯になりかけている。もしかしたら逃居する前に新しい女王蜂が生まれていたのか、それとも働き蜂産卵でこれから生まれてくるのがオス蜂だらけなのか。いずれにしても、あと2~3週間もすれば結果が見えてきそうです。来年の養蜂に向けて淡い期待を込めて見守って行きます。
2011.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/431-fa25e445