メダカ繁殖
2011/09/04 | 雑記
メダカの産卵
ミツバチが居なくなった今、水槽の魚達が仕事で疲れた心を癒してくれています。
特にメダカたちは愛嬌のある容姿とチョコチョコした泳ぎで、いつまで見てても飽きません。そんなメダカたちは現在5匹、オス2匹にメス3匹です。メスたちは8月上旬から毎日産卵し続けて来ました。どうやら交尾は早朝に行われているようで、私が朝起きて見る頃にはすでにメスたちは十数個の卵塊を尻に抱えている。通常この卵は水草などに産みつけられるようですが、この水槽に入れたままにしておくと、卵や孵化した稚魚が親メダカや他の魚に捕食されるということで、別の場所で育成します。そのために毎朝網で卵塊を抱えた親メダカを捕まえて、丁寧に卵塊を取り、庭先の小さなビオトープのような容器に移しています。最近やっと産卵も止まりましたが、すでに千個近く移した計算になります。しかし無精卵が多いのか現在のところ30匹程度しか孵化していません。これから孵化するものも考えると最終的に40~50匹程度なるでしょうか。そこそこ大きくなれば、数匹を残して親メダカを捕獲した川に放流に行く予定ですが、どなたかメダカを飼いたい方がおられたら差し上げます。ただしペットショップで売っているような青や白やダルマや楊貴妃のようなきれいなものではなく、天然の黒メダカです。あまりにも小さくピンボケですが、稚魚たちは元気に泳いでいます。
メダカ稚魚


2011.09.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/427-3cedbbc4