二日酔いの中朝練したため、体はダルダル、グロッキー。
しかし、湖南薪割りクラブのY岡さんと薪づくりの約束が有り、チェンソーを目立てし燃料オイル類を準備し現場へ。大量に野積みしてある処分前の雑木を次々と玉切りしていく。
滝のように汗が流れ落ちる。脱水症状にならないように、こまめに水分補給。
しかし、相変わらず体はダルい。もう、気力でチェンソーを回している。1年半後にこの木がストーブの中で発するオーロラの炎を想像しながら。
080705薪作り
2008.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/40-86afd5c2