もう19日、正月から出初式やら自治会の行事など慌しく過ぎてしまいました。
今日は一息ついて、自宅のカーポートに去年の夏から積んでいた樫の木を薪割りしました。
ひび割れ樫
樫の木は文字通り堅い木だと思ってました。実際、これまで伐採したての樫の木を薪割りした時は、斧が食い込まず跳ね返されるような感じで、なかなか割れなかったように思います。しかし、半年間放置し乾燥してひび割れた樫の玉切りは、意外なほどパカンパカンと気持ちよく割れる。普通乾燥した木は堅く締まって薪割しにくいと言われていて、コナラなんかは乾燥すると繊維と繊維が絡み合って、引き裂くようにしか割れませんが、樫の木は逆に乾燥したほうが割りやすいような感じでした。おかげであっという間に薪の山となって、薪棚一台が満タンとなりました。
2011.01.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/384-55922d74