今朝はまた一人朝練。休日なんで長めに甲南から土山あたりをウロウロ。今郷の土場前を通過するとき、うちの薪置き場を確認すると、前にはまた原木の山がありました。昨日、私は稲刈りで欠席しましたが、薪割りくらぶの搬出作業があり、軽トラ1杯分のうちの配分を置いて頂いていました。ありがとうございます。
走行距離58.4km、走行時間2h14minでした。

帰宅して朝飯食べて、ゆっくり休憩してから、早速薪割りしに今郷向かうと、土場ではN夫妻とドイツ人プロフェッサーロルフが作業していました。ロルフは今月末からドイツに半年間帰るために、助人を連れて倒れた薪棚の修復を含めて土場の整理に来ていた。助人はニコライという一見格闘家かと思うほどガッチリした体格で、パワフルに作業していたが、ロルフが私を見るなり、蜂の巣があって倒れた薪棚を修復出来ないと言う。見てみると、どうやらミツバチの分蜂の塊のようで、そのうち新しい巣が見つかれば、みんな飛んでいくだろうと思ったが、たちまちは触れないので、仕方なく倒れた薪棚はそのままにしておくようにした。
分蜂
ここで、素人考えながら思いついたのが、蜂の巣箱を作って蜂の巣を作らせば、蜂蜜が摂れるんじゃないかと。早速巣箱作りを始めました。まずは丸太を半切りにして、チェーンソーでくり抜きました。
蜂の巣箱1
それを紐で縛って蓋を被せて完成。ミツバチが出入りできる隙間もちゃんと開いているので、後はミツバチがこれを気に入って巣を作ってくれるのを待つだけです。
蜂の巣箱2
なんて作ってみましたが、そんなにうまく行くとは思っていません。
こんな素人づくりの巣箱を気に入ってはくれないでしょう。

2010.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/326-112cc4fe