ここのところ朝夕はめっきり涼しくなりました。
そろそろ冬の準備に掛からないといけません。
昨年のブログ見てたら9月29日に薪ストーブに初点火してました。
今年は春先から腰を痛めてストーブと煙突のメンテは先延ばしにしてました。
ファンヒーターなら押入れから引っ張り出して、灯油入れてワンタッチで温まりますが、
薪ストーブはそうもいきません。いつでも点けられるように早めに準備しときましょう。
まずは室内煙突を取り外します。1シーズンで結構な煤が溜まってます。
室内煙突はずし

そして、屋根に上がって上からブラシで煤を掻き落とします。
煙突掃除

煙突の中にはこんなにもたくさんの煤が溜まってました。
煤

やっぱりちゃんと毎年掃除しないといけませんね。詰まったりしては大変です。
煤が溜まって煙道が細くなればドラフト効果も減少し、燃焼力が弱ります。
最悪、煙道火災や、詰まって煙が逆流しCO中毒なんてことにもなりかねません。

次に、ストーブ本体をばらして中までこってり掃除、磨いて錆落とし。
黒の耐熱塗装を吹いてこってり化粧直ししました。
すっかり綺麗になって、早速火遊びしたいところですが、ここはガマンガマン。
まだ9月になったばかり、10月下旬までガマンしましょう。冬は長いんですから。
ストーブばらし




2009.09.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/215-5fa05401