上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
春爛漫、ここんとこの陽気でどこの桜も満開です。
そんな中、ふらっと一人で自転車で出かけます。行き先は童仙房にしました。
信楽から和束へ向けて快適に下っていきました。和束のローソンの手前でハプニングです。
ウーカンカンとサイレン警鐘を鳴らして緊急走行の消防車が追い越していきます。
おもわず消防の血が騒いで自転車で追いかけます。
ものすごい火炎にもうもうと黒煙が立ち昇ってます。
しかし、こんな山の中のせいか、常備のポンプ車1台に消防団の可搬が1台だけ。
ぜんぜん消防力が足りてません。もう燃え尽きるのに任せてるといった感じ。
消防団の動きも、うろうろバタバタと動きが悪く、思わず指示したろかと思うぐらいです。
いつまで見ててもしょうがないので、折り返して童仙房へ向かいます。
この時間になると、結構気温も上がってきたので、上りに掛かる前にアームウォーマー、
レッグウォーマーをはずして半袖半パンになりました。暑くも無く気持ち良いです。
黙々と上ってかなり高度をかせぐと、春霞でスッキリしませんが結構な眺望です。
春の童仙房
そして、童仙房への快適な林道を進むと、猿の群れがお出迎え。
この陽気でのんびりと気が緩んでいるのか、警戒心も薄いようでカメラ目線です。
童仙房の猿
このあと、野殿から多羅尾に抜けて、アセボを超えて帰宅。
快晴の下、満開の桜を眺めながら快適なツーリングでした。
2009.04.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/163-c669fcf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。