二日酔い気味の体を引きずって、こなんの森薪割りクラブの例会に行きました。
本日の作業は里山保全活動をしている山と杉生産林の間伐材の搬出。
里山保全

そして、午後からは搬出した木の玉切りをみんなで行いました。
やっぱり大勢で行うと作業がはかどります。
2時間ほどで玉きりの山が出来ました。
しかし、どちらもいわゆる不要の木。ほったらかされて朽ち果てていくものを有効利用。
普通、暖房用の灯油をガソリンスタンドに買いに行くところですが、私達の場合山行きです。
手入れが行き届かず荒れ放題の山は、私たちから見ればガソリンスタンドか油田です。
しかもこのセルフスタンドは労力は必要ですが、ただ同然です。ありがたや、ありがたや。
玉切りの山

家に帰ると、今日は冬至ということで裏山のゆずを湯船に浮かべて暖まります。
疲れもじんわり取れて、湯上がりも体がぽかぽかでほんのりゆずの香りがします。
ゆず湯

2008.12.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://minesanchi.blog32.fc2.com/tb.php/127-562a2168