昨日、予定外に採蜜する事なってしまいましたが、少し後悔しています。理由は何といっても、気温が低い事です。ご存知のように蜂蜜は温度が低いと粘度が上がります。おまけに結晶化する事もあります。粘度が高いと蜜が垂れにくく、とても効率が悪い。巣箱からの取り出しこそ外でやりましたが、巣板の切り崩し、垂れ蜜の濾しとりは屋内で、しかもガンガンとストーブを焚き、室温30℃にして蜜が垂れ易くしてやってます。
2015.01.25 / Top↑
新年早々重い仕事が続いて、精神的に余裕がありません。
やっと目処が付き始めましたが、まだまだホッとする時間がありません。
今日は朝から仕事に行きましたが、天気も良く小春日和になりましたので、午後からは気晴らしにミツバチの観察をしました。自宅裏のは3群とも元気そう。久しぶりの暖かさで、たくさんのミツバチが活動しています。中には花粉を運んで来てるのも見えます。


続いて山の蜂場へ
先月内検した時に元気だった2群は、年を明けてもとても元気でした。
今日は先月に全滅していた2群の巣板を回収し、持ち帰って蜜蝋でも作ろうかと思っていましたが、巣箱をひっくり返してみるとかなりの重量。どうやら予定外に蜂蜜が残っているようです。これまでの経験では、逃去した場合や越冬できずに全滅した場合はほとんど蜂蜜は残っていななかったのですが、本当に予定外です。仕方ないので家にもって帰って採蜜することにしました。
冬採蜜

2015.01.24 / Top↑