うちの集落の大豆を作付している転作田の一部が、この度公共工事に掛かることになり、急遽大豆を撤去することになったそうです。そこで撤去する前に大豆が欲しい人がいれば、ご自由に取りに来ても良いという情報を聞き付け、朝から子供たちと枝豆を取りに行った。枝ごと持ち帰ってもよかったんですが、嵩張りますし家でゴミが出ますので、田んぼで枝から外して持ち帰ることにした。せっせと枝から外してバケツに一杯も持ち帰ることができました。
持ち帰った枝豆で、まずはずんだ餅づくり。ホームベーカリーで餅をついている間に枝豆を茹でてむき身にし、さらに薄皮を剥いてから、砂糖を加えてすり潰してずんだ餡の出来上がり。3時のおやつとなりました。
ずんだ餅
しかし、まだまだバケツ一杯の枝豆があります。そこで、食材用にするために庭で薪ストーブを焚いて茹でて莢から出して加工しました。しかしバケツ一杯もあると、大きな鍋で10回ほど茹でましたので結構時間がかかりました。
枝豆茹で
莢から出すのも結構手間がかかりましたが、大量にできた枝豆のむき身はしばらく我が家の食卓に頻繁に登場しそうです。今夜のおかずは枝豆のかき揚げです。
枝豆かき揚げ
2012.10.13 / Top↑
STRAVA心行路
今年の夏はけっこう朝練をがんばってやったんですが、いつも平地メインの丘陵コースばかりで、山にはいっこうに足が向きませんでした。なぜかって、それはヒルクライムのしんどいのが嫌いだから。しかし、秋になって気候も良くなってきたので、気分を変えて今朝の朝練は山に向かうことにしました。けど、ただ山に向かうのでは気が乗らないので、今日はSTRAVAというサイトのKOMを取りに行くことにした。STRAVAはサイクリングデータをアップロードし記録・蓄積をしてくれるSNSで、無料で利用できます(有料版もあるようです)。ガーミンなどで計測したGPSデータをアップロードできる他、GPSの付いたスマホのアプリがデバイスとなって計測もできます。アップロードされた走行データは地図上で表示されます。また、STRAVAで一番面白いのは、他のユーザとの比較が出来るので練習のモチベーションを高めるのに使えると思います。STRAVAのサイトが自動的に設定したり、ユーザ自信が任意に設定したセグメント(一定区間のルート)を複数の人が走ると、それぞれの走行タイムがネット上に蓄積されてランキングが表示され、そのトップにはKOM(King Of Mountain)いわゆる山岳王という称号が与えられるのです。そこで、事前に家の付近で設定されているセグメントを調べてみると、アセボ峠や金勝などにいくつかセグメントがありましたので、このあたりのKOMを取りに行くことにした。
早朝6時前に家を出発。まずはアセボ峠に向かいます。セグメントではどうやら三雲のファミマからスタートとなっているので、一旦駐車場に入って店の前からスタート。1つ目のセグメントはここからアセボ頂上まで、2つ目のセグメントは甲賀CCの少し手前から峠を越えてオレンジCCの手前までと重複しているようです。久しぶりのヒルクライムでペースが掴めませんが、とりあえず淡々と上ります。しかし早くも甲賀CCを過ぎたあたりで息が上がってアップアップです。そして心臓バクバクでフラフラになりながら頂上にたどりつきました。タイムはファミマから頂上まで18:32でなんとかKOM奪取。休む間もなく下りを飛ばして2つ目のKOMも奪取。そのまま大戸川沿いに下りながら息と足を整えて、今度は大鳥居からの裏金勝を上ります。3っつ目のセグメントは栗東境の頂上まで、4っつ目は、3っつ目と重複して裏心行路の阿星山頂上まで。金勝の裏からは急坂なんですよね、裏心行路の終盤もかなりの急坂でダンシングで右に左に蛇行しながらなんとか登頂でどちらもKOM獲得。そのまま表の心行路林道を東坂まで下ってから、最後の仕上げに折り返して心行路林道の登坂。もうだいぶ疲れて、途中タレてしまいましたが、なんとか26:28で登頂。今日1日で5つのKOMを獲得しました。しかし、KOMと言ったって、STRVAのユーザー数も少ないようで、どのコースも数人の走行データしかなく、しかも皆さんツーリングの途中のタイムを切り出しただけで、わざわざKOMを狙いに行けば、簡単に取れるような状態です。ですから山岳王というより、お山の大将といった内容ですので、すぐに更新されてしまうでしょうが、とりあえず私がKOMを取ったコースのチャレンジをお待ちしています。ちなみにKOMを奪われれば、私のところにメールが来るようになっています。
2012.10.06 / Top↑