奥伊吹スキー
家族で新年1発目のスキーに出掛けました。一昨年まで我家の定番であったベルク余呉が昨シーズンから閉鎖されており、どこに行こうか考えましたが、年末のブログに書いたように、スキーラインシステムが奥伊吹スキー場で使えるらしいということで試しに行ってみました。しかし、昔よく行った奥伊吹ですが、駐車場からゲレンデまで歩いて上っていくのが嫌なんですよね。重いスキー板担いで歩きにくいブーツで雪が積もったり凍った道を登っていくのがほんと嫌でした。遅い時間に到着するとどんどん状況が悪くなるので、チョッと頑張って6時前に家を出ました。おかげで中段駐車場のベルトコンベアに乗ってゲレンデ近くまで上れるその名もアルカンデの入口近くに駐車できました。ゆっくり着替えてゲレンデに上がればちょうどリフト営業開始の時間。天気予報では今日は滋賀県北部は雨模様ということでありましたが、午前中は雨でも雪でもなく、晴れ間も見えてなかなかのスキー日和でした。昼前から雪が降り始め体も冷えてきたので、2時前に早々に切り上げて帰宅の途に。伊吹の薬草の湯で暖まってから帰りました。
今日のスキーラインのデータです。
奥伊吹Skiline

2012.01.15 / Top↑
遅ればせながら今年のロード初ライドに出掛けました。すっかり明るくなってからの7時過ぎ、しっかり冬装備で出発。家を出た時は晴れ間も見えて、気温は低いが自転車日和のようでした。行先は今年まだ初詣に行っていなかったので多賀大社に向かうことにしました。北脇から春日を抜けて、順調に蒲生まで来たけど、この辺から道路が濡れてきて、八日市の手前に差し掛かる頃にはシマケて小雨が降り始めた。行く手の彦根方面上空には分厚い雨雲が掛かっている。このまま進んで雪にでも降られたらたまらないので、早々に折り返し。しかし、初詣の目的が達成できませんので、目的地を田村神社に変更して日野方面へ。平子峠を越えていこうとしたはいいけど、蔵王ダムあたりから路肩に雪が残りはじめ、頂上付近では結構な雪が道路わきに積もっていて、おまけにチラチラと小雪が降っている。
平子峠
路肩の寒暖計は0℃を示していて、凍結注意の表示が出ています。峠の下りでは、新年早々転倒してはたまりませんので慎重に下りましたがヒヤヒヤで、ついでに体も冷え冷えになりました。田村神社で焚き火していて、温かい甘酒の振る舞いでもないかなぁ。などと淡い期待をしながら鮎河から猪鼻通って田村神社まで来ましたが、なんかひっそりとしている。甘酒どころか焚き火もしていない。正月も14日にもなれば、田村さんでもこんな感じなんだ。しょうがないんで誰も居ない本殿にさっさと参拝し、今年こそ自転車で転んだり怪我したりしないよう祈願してから、早々にお社を後にして帰宅の途に付きました。
田村神社
2012.01.14 / Top↑