やっとサナギ
2010/06/29 | 雑記
去年の夏に子供が飼っていたカブトムシやクワガタムシの飼育ケースを、この春先にほじくり帰したらカブトムシの幼虫が一匹出てきました。秋に雨でケースが水没したことがあったので、今年は一匹も孵らないだろうと思っていたけど、なんとか一匹生き残っていたようです。それからは、いつ孵るか、オスかメスか楽しみに見守っていましたが、やっとサナギになりました。期待どおり立派なツノがあるオスでした。あと数日、羽化するのが楽しみです。
カブトサナギ
2010.06.29 / Top↑
カブトエビ
2010/06/11 | 雑記
カブトエビって知ってます?良く知られている海にいるカブトガニと違って、主に水田に生息しています。大きさもカブトガニほど大きくなく、体長3cmほどで、一見オタマジャクシのようで、あまり目立ちません。しかし、2億年前から同じ姿をしているらしく、生きた化石といわれているらしい。
カブトエビ
そんな生きた化石のカブトエビを、夕方に息子と近くの水田に取りに行きました。たくさん採ってきてうちの水田に放流しようと思ってましたが、夕方だったので4匹しか採れませんでした。実は最近、環境にやさしいというカブトエビ農法というものがあるらしい。カブトエビは水田の雑草を食べるほか、水田において餌の捕食あるいは産卵のため、水底の泥をかき混ぜる事で水が濁り、濁りによって光が遮られ、雑草の発芽と生長が抑制されるそうです。たしかにカブトエビのいる水田は藻や水草が少なく水が濁っているようです。うちの水田で繁殖させるために、また今度採りにいこう。
2010.06.11 / Top↑
最近、職場や近所でうちが薪ストーブを焚いているって事が知れて、ありがたいことによく「木いらんか」と声をかけていただきます。しかし、家の8つの薪棚は満タン、今郷の土場もこれから入るエリアDの薪で満腹状態。けど、せっかく声をかけていただいているのに無下にも断れない。断っちゃうと次に声をかけてもらえない。だからニコニコと「ありがとうございます。」といって採りに行く。昨日も近くの山の砂防工事の現場から、先週に切った玉切りを持って帰ってきました。といっても置く所も無く、カーポートをうず高く樫と楢と桜の玉が占拠してます。おかげで、最近めっきり乗らなくなったマウンテンバイクが追いやられてます。
カーポートの薪
2010.06.07 / Top↑