上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
木曽の御嶽山の懐、王滝村で滝のような土砂降りの中を6時間も自転車に乗るという精神修行を行ってきました。その行とはセルフディスカバリークロスMTB100kmです。
王滝雨

ストラーダのBBSで盛り上がり、多くの方がエントリーされるのにつられて5年ぶりにエントリーしましたが、今年はがつがつ走らず景色を眺めながら楽しんで走ることにしていました。そんなことだから、バイク整備も適当で少しヒビが入ってくたびれたタイヤに、少し減ってはいるがまだまだ使えるブレーキパッド。なんとかなると思っていたが、これが後で痛い目にあうことになった。
土曜の朝に車中泊組の巨匠、アンディさん、ピカシさん、私の4人は巨匠宅に集合しピカシさんのキャンピングカーで王滝村へ向かい、14時ごろに到着。天気予報は悪かったが時折日が射す上々の空模様の中、足慣らしに少し試走。このまま天気がもてばいいなぁと思いながら早めの就寝。しかし、そんな願いも通ぜず、午前4時に目が覚めると車の屋根を叩く雨音。一気にテンションは下がるが、しかたなくバイクを並べに行く。すでに前には100台ほどのバイクが置かれている。もとより上位狙いではないのでこの辺で上々。憂鬱であったが準備を整え、用を足してスタート時間を迎えました。私の後ろには500台以上のバイクが並んでおり、このMTBの集団は壮観である。写真でお伝えしたいところですが、相変わらずの雨降りでデジカメは厳重にビニール袋に入れてポケットの中なので写真はほとんどありません。しばらく舗装路を走り、林道入ると大渋滞。前後にびっしり連なって進みますが、最初の10kmほどを上っているとその内ばらけてきて、遅れてきた人たちをどんどん抜いていく。しかし、相変わらずの土砂降り。林道は川のように流れている。下りに入ると流れで洗われた石がごろごろして、パンクを気にして慎重に下る。多くの人が坂を下ったところでパンク修理をしているが、こんな土砂降りの中でパンク修理なんてしたくない。そう思いながらブレーキを握るが、下りではどんどん抜かれていく。止み間の無い冷たい雨と泥はねでずぶ濡れになり、体も冷え切ってブレーキを握る握力も低下していく。第1チェックポイントを越えたあたりからブレーキの音鳴りが大きくなって、ただでさえ握力がなくなっているのに、強く握ってもぜんぜん制動が効かない。立ち止まってブレーキを確認すると、パットが磨り減ってなくなり、台座まで削れて今にもちげれてピストンまで損傷しそうな勢いです。このまま走れば危険と判断して、ちょうど体も冷え切って気力も失せかけていたので76km地点でリタイヤすることにしました。しかし、内心はホッとしていたのかもわかりません。先に帰って車で待っていると、泥だらけになって最後まで気力を振り絞って帰って来る仲間たちを見て、機材トラブルを言い訳にしてリタイヤした自分が恥ずかしくなってきました。ブレーキがもげようが足を着いてブレーキしてでも完走すべきだったかもしれません。来年もう一度お返ししに来ないといけませんね。そんな事を思っているとやっと雨が止んで日が射してきて、御嶽山の雪渓が見えてきました。
御嶽山

磨り減ったブレーキパッドです。今回、シマノのディスクブレーキユーザーはことごとくこのような状態でしたが、マグラのブレーキは全然問題なかったそうです。
交換したいが先立つものが・・・
来年は、マグラに交換するか、途中でブレーキパッドを交換するか。
ブレーキパッド


スポンサーサイト
2009.05.31 / Top↑
先日、話題の映画「天使と悪魔」を見てきました。
イタリアのローマで、400年の時を超えてよみがえった秘密結社イルミナティによるバチカンへの復讐を阻止するため、ラングドン教授がガリレオの暗号やベルニーニの彫刻に隠された秘密を解き明かしていくという、息もつかせぬ展開に大興奮してきました。
実はローマは十数年前に嫁さんと旅行に行ったこともあり、バチカンやサンピエトロ大聖堂、パンテオンなどの訪れた場所や、間近で見た偉大な彫刻家ベルニーニの作品を巡るストーリーは大変興味深かったです。
ところで、うちにもベルニーニがやってきました。
といっても大理石の彫刻ではなく、嫁さんのロードバイク、オペラのベルニーニです。
ベルニーニ

初心者にしてはけっこう奮発しました。基本はアルミフレームですが、兄弟車ピナレロのオンダに共通するフォークとカーボンバックは、ベルニーニの彫刻のように流麗です。初ロードにしてはちょっともったいないぐらいですが、これで長く続けて乗れれば安いもんです。
これで今日から夫婦ローディです。ホノルルセンチュリーライド目指してがんばります。
2009.05.29 / Top↑
今週末の王滝クロスマウンテンバイク100kmにエントリーしている。
5年ぶりの出場となるが、体は5才分老化してるし、バイクもそのままで特にアップグレードしていないため各所に劣化が見られ、完走できるか一抹の不安を抱えている。
そんなことだから、以前と違ってがむしゃらに走らず、ツーリング気分で100kmを出来るだけ楽しんで走ろうと思ってます。
そこで、ロードバイク用に買ったエッジ705を、雨や埃、振動が心配ですが、これを使ってハンディGPSの有効性やエッジ705自体の実力を検証しながら走ってみようと思います。ということで、まず地図ですが、705にプレロ-ディングされている地図はシティナビゲーターで山岳用の等高線が入ったtopoではないため、王滝100kのコースの3割程度が道路に入っていないのでルートの作成からしなくては行けません。と言うことで、アルプスラブルートの過去に走られた方のルートからGpxデータをダウンロードして、今度はカシミール3Dにインポート。そこで修正を加えてエッジ705にアップロードするとルートマップは載せることが出来ました。
王滝カシミール

しかし、マップがあるだけでは、これをナビゲーションしても、一本道であるためもう一つ有効性がない。やはり、チェックポイントまであと何キロであるかとか、この上りはあと何キロあって何メーターまで登るのかという情報があったほうが良いと考え、そういった情報が入ったルートづくりにチャレンジしました。使ったのはガーミンのトレーニングセンターです。この中のトレーニングコースの作成を使ってみました。しかし、ここでルート作成するには、一度走ったコースかトレーニングセンターから吐き出したcrs.型式のファイルでないと読み込めません。そこで、いろいろ調べてGpx2CrsというソフトでGpxデータをcrs.型式にコンバートできるというので、早速ダウンロードして、前述のアルプスラブからダウンロードしたGpxデータをcrs.に変換して、トレーニングセンターにインポート。トレーニングコースの編集でチェックポイント地点や上りや下りの終点をそれぞれの標高で名前を付けて設定し、出来上がったコースをエッジ705にエクスポートしました。
王滝トレセン

やってみないと分かりませんが、あとはスタート地点で実行すると、次のポイント○○m地点まで何kmとか、チェックポイントまで何kmといったように表示されるはず。
そして、このように全体の高低図も表示されてどこを走っているかも確認できると思います。
高低図

思うように動いてくれれば、王滝100kの長い道のりも少しは退屈しのぎが出来そうです。
2009.05.28 / Top↑
ononoさんの呼びかけで、開拓者のおざっちさんの案内で柳生トレイルに行ってきました。
シングルトラックや田んぼの畦、里山の集落、そして古都奈良の歴史遺産を巡るバラエティに富んだこのコースは、何度行っても季節ごとの趣や新しい発見があり、マウンテンバイクを思いっきり楽しめる。しかし、何度行ってもコースを覚えられない。けど今回はGPSログを取ったので、後からグーグルアースに写し出してゆっくり思い出し笑いでもします。

ところで、今朝集合場所に集合してしていたのは、おざっちさん、ononoさん、あんでぃさん、つっつんさん、そしてお初にお目に掛かります16年選手さん、niwa-chanさん、男前隊長さん、SORAさん。それにロード練習の途中で見送りに来ていただいた巨匠、ミャンマーさん。
やはり大勢で走るのは楽しいですね。まずは舗装路を奈良に向かって走ります。
市内に入ってから植村牧場で休憩。みなさんソフトクリームで栄養補給。
その後、東大寺の大仏殿の裏から二月堂下へ。大きな松明を振り回し火の粉を群集に降りかけるお水取りの行事で有名です。
二月堂
このあと、若草山前から春日大社、春日山林道へ。石切峠を越えたところで昼食。
昼食後は極上のシングルトラックへ。里山の集落を抜けてかえりばさ峠。
いつもながらの激坂ですが、今日は半分ぐらいは乗っていけました。
柳生ST
峠を越えると柳生集落。家老屋敷跡や十兵衛杉が歴史を感じさせてくれます。
柳生家老屋敷
最後は木津川まで下って電車道脇のシングルトラックを駆け抜けて終了。
今日は天気も良く思いっ切り楽しめました。みなさんありがとうございました。

2009.05.23 / Top↑
ここのところ朝練はもっぱら心行路林道に上っている。
毎日行ってるわけではないが、行った時は必ずU輔君と遭遇する。
彼はどんだけ走ってるんだ。雨の日も毎日走っているじゃないだろうか。
ただでさえ力量の差が有るのに、これじゃいつまでたっても追いつけない。
しかも今日の僕の登坂タイムは26分18秒。U輔君の24分にはとうてい届かない。
継続は力なりということで、頑張って続ければいつかは追いつけるか。
けど、やっぱり続けていくためには、何か目に見える成果があるほうがいい。
ということで、EDGE705でデーターを蓄積してPCで見比べて励みにしていきたい。
初めは付属のトレーニングセンターでのデータ解析をしてましたが、色々調べてみると他にもデータの蓄積・閲覧・解析するソフトが色々あるようです。そんな中でも使い勝手もよく、プラグインの導入で拡張機能のあるSportTracksというソフトは評価が高い。フリーでダウンロードできますが、ドネーションウェアということで気に入れば寄付するようになってます。そのうちに寄付します。
早速ダウンロードしてデータインポート。確かにトレーニングセンターと比べれば、地図も直接グーグルマップで経路表示ができるしグラフ表示も見やすく使いやすそうです。そして、数あるプラグインの中からお好みでダウンロードしてカスタマイズできますが、正直、英語表記でよく分りません。けど、その中からパワー解析できるGPS2PowerTrackというプラグインを早速ダウンロードして、今朝のデーターを解析。直接出力を計測するSRMやパワータップに比べれば確かに誤差もあるし不正確でもありますが、所詮素人の僕にはこれでも十分参考になるし見てて楽しい。
パワーグラフ


2009.05.20 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。