上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日、家にジェットスター航空からの配達記録郵便が届いた。
何だったけ?ただのダイレクトメール?と思いながら開封。
えっ!当選!!おめでとうございますって書いてるよ。
ひょっとしてオーストラリア旅行?航空券?
オーストラリア旅行?
ついに、運が向いてきたか。

と、一瞬思ったのもつかの間。

入っていたのは、映画「オーストラリア」の鑑賞券でした。
ちょっとがっかりしましたが、それでもペアで2600円の鑑賞券。
まぁ、ただで映画見れるんだから良しとしましょう。
そんなことで、「オーストラリア」に行ってきます。

映画鑑賞券


スポンサーサイト
2009.02.23 / Top↑
今日も家族でまたまたスキーに行きました。
しかし、やっぱり暖冬のせいか、もう県内のスキー場の雪はダメですね。
ところでモーグルワールドカップ第8戦で、日野町出身の伊藤みきちゃんが、
初めて表彰台に立ちました。
うちの娘も2歳からスキーしてます。これってちょっと英才教育?
そのうちにワールドカップレーサーになれるかな・・・・?
ほのスキー

やっぱ、ダメですね。
教えてるオヤジがなんせなまくらスキーヤーなもんで。
そんでもって、本人も才能がまったく無さそうです。
せいぜいゲレンデの華になって、楽しいスキーライフを送ってくれたら、それでいいです。
2009.02.22 / Top↑
生来、懸賞や抽選には縁が無く、ウンの付いてない私ですが、
某カーDラーのキャンペーンで何気なく応募していたものが当たったらしい。
今日、早速受け取りに行ってきました。
2等賞品
県内の販社から集まった応募用紙を厳正な抽選をした結果、
さすがに1等の40インチテレビは当たらなかったが、見事2等が当たった模様。
Dラーに行くと、当選者の貼紙にうちの名前がありました。
そして、その賞品とは、任天堂ウィーでした。
当たったWii
本当なら、家族みんなで喜びを爆発させるとこですが、
わが家では、年末にサンタがウィーを運んで来たばかり。
子供たちもさほど喜びを表さず、若干しらけムード。
こんな良いものが当たったのに、やっぱりウンが付いてないような。
結局、このウィーはお爺さんちに行くことになりました。
2009.02.21 / Top↑
職場をベルさっさ(死語か?)して小一時間薪割り。
あっという間に薪の山。体はぽっかぽか。
この薪を焚くのは再来年か。それまで薪棚でじっくり乾燥。
薪の蓄えが増えて余裕ができると、気持ちもぽっかぽか。
薪の山
今日は注文していた荷物が届いた。
やっと買いました、チェンソー作業の安全防具チャップスです。
チェンソー事故での怪我は、多くが脚前部ということだそうです。
チャップスは高速回転するソーチェンが当たると繊維が絡みつき、瞬時に回転が止まるそうです。
これで、チェンソー作業がさらに安全に行えるようになりました。
これからは技術を研鑽していきます。
しかし、私の本業は林業ではありません。ただの週末きこりです。
チャップス

2009.02.18 / Top↑
今日は第3日曜、こなんの森薪割りクラブの作業です。
このクラブの活動目的は名前のとおり薪を作ることです。
しかし、ただ薪を作ることではなく、母体であるこなんの森木の家ネットの趣旨である、地域の林業資源を有効活用し里山を保全していくということになっている。
メンバーは薪ストーブユーザーばかりですが、これまでの経験やノウハウの差が大きく、20年来薪ストーブを焚いていて薪ストーブに関する講習会の講師をしている方や虫害や風倒木の処理などの里山保全活動をされておられる方もいれば、これまで薪を購入して焚いていた方、チェンソーやアックスを使ったことがない方、まだストーブを導入したばかりの方など様々です。
そんな方たちと里山保全なる活動をしてるわけですが、一口に里山保全と言っても様々な形態があると思います。森林浴や散策を楽しむ森作りやビオトープみたいな生き物の生息のための保全もありますし、そういった活動に特化した八日市の遊林会の様な団体もあります。しかし、所詮私たちはアマチュアで、この活動を業としている訳ではありませんし、月に2回集まって活動しているだけですので、森を日々管理したり、植林までするような活動は出来ません。そもそも里山とは自然林ではなく薪炭を確保するため等で人が手を加えた森の事だと思いますので、薪作りで伐採して切り株からの萌芽再生により十数年で元に戻る。そういったサイクルを作ることも里山保全だと私は思ってます。ただ、地主の意向もありますし、保水や土砂流出などの防災面も考慮しなければいけませんし、萌芽再生も見守っていかなければならないと思いますが、その程度の手入れでも森に光が入り、生き返ったようになった森を見るとやりがいがあります。そんなことで、今日も一日、春のような陽気の中、いい汗をかきました。そして、山のように積まれた玉を見たら財布は寒いが心はポカポカに温まりました。
2009.02.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。