上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日も朝からいい天気。絶好のツーリング日和です。
しかし、私はまだサドルに跨ってもハンドルまで手が届かない。
お友達の皆さんが楽しそうにツーリングされているのを思い浮かべながら、
落車以来かまってやれなかったバイクのお掃除をした。
その後、例年より半月遅れて庭のクリスマスイルミネーションを飾り付け。
まだまだ手の自由が利かず、かなり苦労した。
イルミネーション昼間
毎年違った形で飾り付けをしている。
今年は大きなクリスマスツリーの形にしてみました。
点灯したときの様子を創造しながら設営します。
そして暗くなって点灯式。我ながらまあまあの出来ではないでしょうか。
イルミネーション夜


スポンサーサイト
2008.11.30 / Top↑
熱くなったストーブはクッキングオーブンとして活躍する。
熾き火になったところで炉台をセット。そして食材を入れた鉄鍋を載せるだけ。
鉄鍋

本当ならダッジオーブンが良いでしょうが、家の12インチディープはF100の狭い炉内には入らない。ジャストサイズのダッジオーブンが欲しいが、しかたなく今使ってるのはロッジのサービングポット。若干機密性が悪い。
今日は、コンソメスープにタマネギとベーコンを入れてオニオンスープ。
タマネギに出汁がしみこんでトロトロにおいしくなりました。
たまねぎスープ
2008.11.27 / Top↑
F100の天板はノルウェーセーターのデザインを生かした格子柄になっています。
これは、表面積を増やすことで暖房効率を上げるものなっているらしい。
F100天板

ということでクッキンググリドルのあるストーブように、強火力の調理には適していない。
ただ逆にトリベットを使わなくても中火の煮込み料理をすることが可能。
しかし、小型ストーブであり上方出し煙突のため天板自体の面積はたいへん狭い。
そのため中鍋でも不安定である。(たまに、乗せてはいますが。)
そこで活躍するのがルクルーゼのココットダムール。
ハート形の尖った部分と窪みが、狭い天板と煙突部分にピッタリ収まる。
ココットダムール

今日は朝からぜんざいを煮込んでみました。
昼になって雨がシトシト降り始め、気温も10度を下回ってます。
ということで3時のおやつにいただいて暖まりました。
ぜんざい
2008.11.24 / Top↑
今週は寒波が降りて来てかなり冷え込んだせいで、ストーブも朝夕にはフル稼働してました。
我が家のストーブは北欧ノルウェー製のヨツールF100。
ヨツールの中でも一番小型の機種です。
ヨツールF100

この機種にしたのは、設置して暖房する部屋が14畳のLDK1部屋のみと狭いためで、これぐらいの部屋だとこのF100で十分すぎるぐらい暖まる。ついでに暖気が階段を登って2階の寝室も暖まる。
しかし、このF100はあまり熱交換率は良くないように思う。触媒の無いクリーンバーン方式ということだが、二次燃焼空気の吹き出し口は背面版の上部に8つの穴が開いているだけで、燃焼効率はあまり良いようには思えない。したがって触媒機や最新型のCB機の中型機種に比べると燃費が悪く、薪の消費量も多いのかもしれない。けれど、この部屋だと少々効率が悪ぐらいのほうが、ガンガン焚いても暑くなりすぎないので良いのかもしれないし、楽しく火遊びが出来る。また、クラシカルなデザインもいい感じだし、小型機種のわりにガラス窓が大きく、めらめらと燃える炎がよく見えるのがいい。


2008.11.22 / Top↑
紅葉
2008/11/19 | 雑記
今日はこの秋一番の冷え込み。
西日本の各地で初雪のニュースが聞こえた。
この冷え込みで、家の裏もやっと紅葉し始めた。
朝日を浴びてきれいだったので、ベランダから我家の広大な庭、じゃなくて人んちの山を撮影。
裏の紅葉

そして、夜にライトアップ。
紅葉眺めて、晩酌でほろ酔い気分。
紅葉ライトアップ

2008.11.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。