上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

3年ぶりに乗鞍ヒルクライムに参戦してきました。
前日受付のため、土曜日の朝から乗鞍に向けて出発。
途中、高山の古い町並みなど散策しながら、有名な坂口屋で飛騨牛の丼を頂くなど観光気分。
会場に着いて受付を済ましてからホテル入り。とりあえず、軽く自転車に乗って足慣らし。
夕食はホテルでバイキング。生ビール飲みながらここぞとばかり腹一杯頂きました。とても翌日にヒルクライムレースを控えた選手の行動ではありません。そんな不摂生な夕食の頃から外では雨が降り始め、予報を見てみるとどうやら翌日も雨模様。
翌日早朝起きてみるとやはり雨が降っていた。天気は回復に向かっているとのことでしたが、朝食済まして会場に行くと、主催者発表のアナウンスがあり、頂上付近の悪天候のため、レース距離の短縮などの発表がありました。
相変わらずの小雨の中、30分遅れてチャンピオンクラスからスタート開始。続いて女子クラスのスタート。うちの奥さんも元気にスタートして行きました。その後、いくつかのクラスのスタートがあり、私のスタートは50分後。すっかり体が冷えましたが、その頃には雨も上がり、路面は濡れていましたが、快調にレースを進めることができました。
しかし、1ヶ月半のにわか練習ではそうそう歯が立つはずもなく、後半には攣りそうになりながらフラフラ走っていると、森林限界を超えるころにガスの切れ目から顔を出した晴れ間と乗鞍岳の山頂の景色に後押しされて、なんとかゴールすることができました。
50分遅れてスタートしたとはいえ、ゴールまでに奥さんに追い付くかと思ってましたが、ゴール後すっかり着替えて奥さんは待っていました。そんだけ私のタイムは平凡でした。ダメですね、もっと頑張らなくては。また一から出直すつもりで頑張ります。
スポンサーサイト
2014.09.07 / Top↑
日野祭り

今日からGWの4連休。
初日は嫁さんとロードバイクに乗ってポタリングに出かけました。
数えてみたら昨年の8月以来256日ぶりにロードバイクに乗った計算です。
この間、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアで苦しんで、年始からリハビリのジョギング初め、ここにきてロードバイク解禁といった感じでしょうか。
ちょっと腰に不安を感じながら、とりあえず走り慣れた日野方面へ。
1時間ほど走って、コンビニで小休止をしていると、なにやら警備員があたりにうろうろしていたので、何かと思えばどうやら日野祭りの山巡航の警備をしているようでしたので、少し覗いてみました。
こんなに近くに住んでいるのに始めてです。

このあと平子峠を越えて大河原へ。
青土ダムまで下ってくると、5月らしく鯉のぼりがダム湖を横断してたくさん泳いでました。
ここから家まで結構な向かい風がたいへんで、帰宅したころには少しヘロヘロ。
走行距離は65kmでしたが、かなり腰にきてます。
全快にはまだまだといった感じですが、今日は楽しく走れました。
256日ぶり
2014.05.03 / Top↑
今日は荒天の中、スズカ8hエンデューロの4時間ロードソロに出場してきました。
昨日は晴天、明日の予報も晴れ、どうして今日だけ雨なんだろうと愚痴を言いつつ、早朝5時前にはスズカサーキット入り。到着した時は降ってなかったので、せめて午前中だけでも持ってくれなんていう淡い期待も、試走開始の6時15分には早くも土砂降り。仕方なく上下レインウェアで2周だけ試走。シューズの中はすでにグチョグチョ。ウェアに迷ったが、濡れても走り出せば温かいだろうと長袖ジャージにレーパン、薄いタイツで召集場所に向かう。しかし、この選択が後で裏目に出た。

雨が降ってたので、遅めの7時45分ごろにスタート位置に向かうと、前方にはすでに沢山の選手たちが並んでいた。しまった、出遅れた。スタートの8時3分、直後に前に行きたかったが、久々のレース、しかも雨ということで、集団の中でビビッて前に行けなかった。1周ほどして前方を見ると先頭集団はかなり前である。できれば付いて行けるとこまで行きたかったが、懸命にスピードを上げるも、とてもじゃないけど単独では追いつけない。ドンドン離されていく。もう3周目で諦めた。この頃、かなりの土砂降りで、上からの雨、自分のタイヤや前走者の跳ね上げでもうドボドボ。体が温まるどころかどんどん冷えていって体が強張ってきた。レインウェアを着なかったことを後悔した。1時間ほど走ったころ補給しようとバックポケットからカーボショッツを取り出したが、手が悴んで口の中に絞り込めない。仕方ないので適当に吸い出して、ゴミをバックポケットに入れようとしたら肩から背中の筋肉が攣った。そのうち足もピクピク攣りだしてもう限界。2時間になる頃、少し小雨になってきたので、ピットインして着替えることにした。ガチガチの体で濡れたもの全部脱いで体拭いて着替えていたら、出てきたときには25分も経過していた。その後は寒いと感じることなく走れたものの、一度攣りかけた足は回復せず、重くてまったく回らない。しかし先頭集団には何度も抜かれたなぁ。付いて行こうとしたけどまったく付いていけない。結局、終わってみたら21周回、先頭から7周遅れの73位でした。我ながらふがいない。この夏、結構頑張って朝練してきたのに、まったく成果が出なかった。もう一度やり直しだ。
2012.11.17 / Top↑
先週末からノロノロ居座り続けた台風もようやく北方に遠ざかり、久しぶりの晴れ間が覗いて初秋の爽やかな風が吹く中、嫁さんと近場にポタリングに出かけた。
初秋のポタ
脚力低下のためどうしても山の方には足が向かず、平らな道を東のほうに走ると必然的に甲賀町あたりに到達して、のどかな田園地帯をウロウロ、そしてキョロキョロしながら走っていると、どうしても薪ストーブユーザーの私は煙突が目に留ってしまいます。すると、神で古民家の屋根から突き出た煙突を発見。しかもカフェ「くるみや」という看板が出ている。街道からは少し奥まっているが、覗いてみると古民家を改築したかなり雰囲気の良いカフェだったので、おいしいコーヒーをいただいて休憩させていただきました。店の真ん中には和風の内装にも違和感無く薪ストーブが設置されています。
くるみや
マスターは名古屋から移ってこられたということで、コーヒーには名古屋風にお値段そのままでトーストとゆで卵がモーニングサービスで付いてきました。営業時間も朝の7時かららしいので、今度は朝連の途中にでも寄ってみたいと思います。特に冬のしばれる朝は薪ストーブと熱いコーヒーで冷えた体を温めてもらいたいです。

カフェを後にして、神から岩室に抜けて、今度は前から気になっていた国道1号線沿いにある日本一たい焼きに寄って見ました。何が日本一なのか、たい焼きの大きさか味かそれとも看板の大きさなのか。店に入ってみると、どうもこの店はフランチャイズ店で、ただチェーン店の名前が日本一というだけでした。
日本一たい焼き1
注文して出てきたのは、いたって普通のたい焼き風でしたが、この店のウリらしい皮が薄くてパリパリで甘すぎない丁度良いあんこがたっぷり入っているたい焼きでした。モチモチの生地が分厚いたい焼きが好みの人にはもの足りないかもしれませんが、私はこっちの方が好みです。
日本一たい焼き2
2011.09.06 / Top↑
ブログの更新が1ヶ月のご無沙汰です。
先月以来、仕事上の9月のイベントに向けて、盆休みも休日も返上で準備をしてきましが、周りの皆さんのご協力でなんとか形になってきて、イベントもうまく出来そうです。あとは細かい確認と修正を行うだけでいけそうですが、ここまでの間は気持ちの余裕も無く、またブログネタになるような事もできず、さみしい夏休みでした。ここにきてやっと気持ちにゆとりが出来たので今週末は骨休めに山岳リゾートに行って来ました。といっても春に申し込んでおいて、今年は何とか当選して出走料の支払いを済ませていたマウンテンサイクリング乗鞍のヒルクライムレースへの参加です。しかし、直前まで行くべきか止めるべきか悩んでました。仕事の事もありましたが、実は5月の半ばから持病の腰痛が悪化して、慢性の足痺れ状態で、ほとんど自転車にも乗っていなかったため、レースへの出場なんてかなり無謀だからです。しかし、高額の出走料しかも嫁さんと2人分を不意にするにはあまりにも勿体無くて、はなからサイクリングペースで楽しむことを目的に参加することにしました。
前日の夜はグリンデルワルドというペンションにお世話になりました。
いかにもスイス風の外観のログハウスはアットホームな雰囲気で温泉もあり、ゆっくりさせていただきました。
グリンデルワルド
夜中に激しい雨が降っていて、翌日の天気を心配しましたが、早朝に起床するとどうやら雨も上がっていて、明るくなるにつれて青空ものぞいてきて絶好のレース日和となりました。サイクリングペースを決め込んでいるため、場所取りも気にせずゆっくり会場入り、Uスケ君のチャンピオンクラスと嫁さんのスタートを見送ってから、30分後の自分のスタートまでトイレに行ったりしてゆっくりして、いよいよ自分のクラスのスタートです。当然列の最後尾からスタートです。
11乗鞍スタート
しかし、自分の年齢層のクラスはさらに3つ分けてあるのにそれでもこれだけの人数でスタートゲートがはるか向こうです。自転車好きのおっさんは多いんですね。
スタートの合図があってからしばらくしてやっと最後尾が動き出して、トロトロとしばらく走ってからなんとかスタートゲートを通過。そのままのペースで最初の方のけっこうな急斜面を上っていき、休暇村を過ぎたあたりから緩斜面になり、30分前にスタートした嫁さんにゴールまでになんとか追いつこうとペースを上げていくと、前方に赤いジャージの近所のyamaさん発見。追いつこうと思って横見たらいきなり嫁さん発見。事情を聞くとスタート直後にパンクして20分掛かって慣れないパンク修理をしてたとか。とりあえずyamaさんに追いついて挨拶を交わしてから、第1チャックポイントで嫁さんを待ってタイヤを確認すると、非力なポンピングで入れたためにタイヤはペコペコ。目一杯空気を入れ直して再スタート。ここからはずっと嫁さんペースでサイクリング。第2チャックポイントの手前でまたパンク。どうやら最初の修理の仕方が悪くチューブを噛みこんでいたようです。ここでまたチューブを入れ直して修理。そこからもエッチラオッチラと景色を楽しみながら上って何とかゴール。今回は楽しい乗鞍サイクリングでした。しかし、来年こそは腰痛を完治させて厳しく苦しい乗鞍ヒルクライムとなるように頑張りたいですね。
11乗鞍ゴール
2011.08.28 / Top↑
嫁さんと二人で紅葉狩りポタリングに出かけた。行先は湖東三山です。
朝、子供達を学校に送り出した後、そそくさと準備して9時前に出発。
家を出たときは、この秋一番の冷え込みかというぐらい寒かったが、空は雲一つ無い秋晴れで、日中は快適なツーリング日和となりました。
まずは車の少ない道を選んで北上し、三山の中でも一番北の西明寺を目指します。
途中、秦荘からはR307を走りましたが、交通量が多く大型も頻繁に走っていてチョッと怖い。
表参道の手前から右折して、名神を越えて上の駐車場まで上がって、入口脇に駐輪。
持って来た運動靴に履き替えて、参拝料500円払って入場。
朝の斜めからの光が差し込んで、山門の紅葉は輝いてました。
西明寺山門
本堂の中も一通り参拝した後、参道脇でマイボトルで持ってきたコーヒー啜って休憩。
休憩後、今度は来た道のR307を南下して金剛輪寺へ。
入口の前の歩道に駐輪して入場。ここは本堂までかなり参道が長い。おまけに不規則な石段が続いているので運動靴を持ってきて大正解である。
ようやく山門に到着すると、見事に紅葉が色付いていた。三山の中でもここが最も標高が高いのか、一番色付いているようでした。
金剛輪寺塔
ここでも本堂をゆっくり参拝と見学をして、下山してから次の百済寺を目指します。
ここからはR307を避けて、田園と集落の中の道を行きました。
下の集落から結構な上りを登って売店横の駐車場に駐輪。
庭園の景色をゆっくり眺めて、心を癒していただきました。
百斉寺庭園
本堂まで上がりましたが、百済寺の紅葉の見頃はもう少し先のようです。
ご覧のように駐車場脇の参道もまだ色付いていません。
一応、ちゃんと自転車で行きましたという証明のために写真を載せときます。
百斉寺
2010.11.19 / Top↑
鈴鹿2010
去年の鈴鹿エンデューロから1年ぶりのレースとなりますが、今年も鈴鹿エンデューロに出場してきました。去年まではMTBの部で出場してましたが、今年は4時間ロードバイクの部にヤッシ君と2人組で出場しました。同じ職場の自転車クラブの2枚看板エースのK村くんとU輔君はソロで出場です。彼らと共にスタート直後から先頭集団に食らいついて周回しますが、5週目に入るホームストレートで限界、千切れてしまって、ヤッシ君と交代しようとピットに帰るが、なんとヤッシ君はトイレ渋滞にはまっているとか。一旦は座り込んだが、仕方なく再出発。なんとか速い人を見つけてコバンザメ走法で2周回。ピットを見ればヤッシ君が帰っていたので、次の周回でやっと交代。もう足が痙る寸前でした。しばらくテントに座ってレース観戦。2時間経過を前にしてエースの二人はまだ先頭集団に張り付いている。レース速報を確認しても先頭から3秒程度の遅れ。このまま入賞すんじゃないかと思ってしまいました。うちのチームもあっさり周回遅れとされてしまいました。その後先頭集団で落車が発生したらしく、集団が中切れしてU輔君が脱落、K村君も3時間ぐらいで、ばてた様で集団から千切れたようです。私はと言うと次の交代から調子が上がってきて、追い越された先頭集団に張り付いて5週回ほどしました。その間にU輔君をラップ、K村君にも追い付いて同一周回に押し上げた。次のヤッシ君でも差を詰めて、もうK村くんも目の前。ラスト30分で再び私が出て、疲労の色が濃いK村くんにやっと追い付き、一気に抜いてそのままゴール。二人がかりでなんとかエースの二人に先着することができました。しかし、二人でもこんなに疲れたのに、よくソロで走りますね。私ももっと精進してエースに追いつけるようにしないといけません。
ところで、全体成績としては、うちのチームは4時間ロードの部で、もうちょっとで一桁順位に届きませんでした。しかし、1ヶ月半のにわか練習にしては上出来で、苦しい中にも楽しくレースができました。やっぱり鈴鹿サーキットはロードレーサーで走ると気持ちいいですね。これでずっと先頭集団でレースできればもっと楽しいんでしょうね。来年も頑張ってロードレーサーで出場しよう。
2010.10.24 / Top↑
今朝も三十坪~希望が丘回りの朝練で、51.9km走って帰宅。

朝飯食べてから、嫁さんとポタリングの出掛けた。
まずは希望が丘の前を通って、八幡堀まで行って小休止。
八幡堀
ここで最初の補給。
クラブハリエでバームクーヘンと紅茶をいただきました。
八幡バームクーヘン
このあと休暇村経由で湖周道路を北上。
ちょうど昼時に彦根に到着。二度目の補給兼昼食としました。
湖周道路にあるスタバでサンドイッチと甘いフラペチーノをいただきました。
彦根スタバ
彦根城のお堀の周りを回って、キャッスルロードを散策してしてから、県道13号を南下。
彦根城お堀
秦荘、八日市を経由して、最後に先日オープンしたパン屋トー○アルドールに寄って3時のおやつを買って帰宅。オープン記念でラスクを貰いました。
トーワアルドール
走行距離102km、消費カロリー2177kカロリーでしたが、摂取カロリーの方が多かったか。
2010.10.14 / Top↑
久しぶりに嫁さんとポタリングに出掛けた。
行き先は、以前から約束していた山のたまごです。
山たまツアー
余裕を持って9時に出たけれど、途中の甲南あたりまで快調なペースで、このままいくと到着時間が早すぎるので、成田牧場に寄ってジェラート食べて時間潰し。その後も磯尾から槇山、丸柱とのんびり快適ツーリングです。
山のたまごに到着したのは、ちょうど開店時間の11時前。早速入店してちょっと早めの昼食です。注文したのは山たまメニューの二大巨頭、たっぷり卵のオムライスと親子丼です。美味しく頂きました。
昼食後、伊賀焼きの郷長谷園に寄って見学などしてから、岩尾池から杉谷新田を通って帰宅。
本日の走行距離65.5km、今日から涼しくなって快適なツーリングでした。
2010.09.24 / Top↑
昨日のゴールデンウィーク中日は、絶好の行楽日和にも拘らず職場の当直で薄暗い部屋で電話番をしていました。朝から夕方まで掛かってきた電話は忘れ物の問い合わせが1本だけ、来客も無く結局9時間無駄な時間を過ごしてしまいました。世間はゴールデンウィークでみ~んな遊びに行ってるんでしょう。
そんな昨日の憂さ晴らしとばかりに、今日ゴールデンウィーク4日目は、かねてから申し込んでいた、いつもお世話になっているバイクショップが主催するJOY BIKEツアーの琵琶湖一周チャレンジツアーに参加しました。

私自身、琵琶一はこれまでチームでの一周や練習がてらに自宅から自走で単独一周など何度もでやってます。以前、歩道の鉄柱に激突して顔面からアスファルトに落ちて前歯を3本折ったなんていうこともありました。だから初めてではないんですが、この半年ほとんど自転車に乗れておらず、そうとう体が鈍っており、今の体力を図る意味で参加しました。
しかし、私の事より今日の一番の目的は、嫁さんの始めての琵琶湖一周チャレンジです。二人だけで長距離に行くとなれば、トラブルやリタイアのことを考えるとなかなか行けないものですが、今日のようにサポート車も着いて、同じような実力の人と集団で走れるということは、非常に心強くて安心です。しかし、そんなことを言いながらも、嫁さんは昨年自転車を購入してから、地域や家庭の行事、私の怪我などなどもあって、なかなか自転車に乗る機会が無く、公道を走ったのは数えるほどしかありません。そんな不安を抱えつつも集合場所に到着すると、神戸や奈良ナンバーの車がずらりと並び、皆さん遠くから参加されてます。地元に住んでいるとあまりありがたみは感じませんが、県外のサイクリストにとっては日本一の琵琶湖を一周するって言う事はけっこう憧れなんでしょうか。とにかく大勢の方が集まっていてびっくりしました。主催者挨拶や準備体操ツアーのレクチャーの後、いよいよ大集団の出発です。数が多いのでとりあえず自己申告で自信のある人無い人でグループに分けて出発します。自身のない我々は一番後ろから着いて行くことにします。
びわいち出発

嫁さんが皆さんのスピードに着いて行けるか心配してましたが、なんとか後方で着いていってます。ただ集団走行に馴れていないせいで、ぴったり後ろに着くのはまだ少し怖いようです。
びわいち序盤

ぼちぼち休憩を取りながら彦根、長浜を通過して湖北水鳥ステーションで昼食休憩。
そして、相変わらずの晴天の下、絶景の奥琵琶湖へ。
暑くも無く、そんなに汗もかかずに快適に走行してます。
びわいち奥琵琶湖

塩津、永原から海津大崎へ。
この頃から嫁さんもペースを掴んできて、今度はÅグループの集団に着いていきます。
びわいち海津

マキノから今津の旧道を走って風車村で休憩。
アイスクリーム食べて元気が出た所で、今度は前を走らせていただきました。
先頭のストラーダトレインの真ん中、おざっち隊長の後ろで集団を引っ張ってます。
時速も30km程度で巡航しています。集団走行にも馴れて結構自信も付けたかな。
びわいち後半

このあと少しトラブルもありましたが、皆さんリタイアする人も無く、琵琶湖の西岸を南下。
琵琶湖大橋を渡って、今度は夕日を受けながら朝に出発した近江八幡運動公園まで北上します。
ラストスパートは南からの追い風をうけて時速30km以上で巡航し、あっという間にゴールです。
びわいち

今日のびわいちは北湖のみでしたが、総走行距離149km、所要時間10時間30分でした。
初心者対象ということで休憩をたくさん入れていただきました。総休憩・停車時間3時間40分。
ということで、最高の天気と景色をゆっくり堪能させていただき、楽しい一日を過ごさせていただきました。おざっち隊長、イノウエテンチョー、ダイちゃん、アイちゃん本当にありがとうございました。
2010.05.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。