上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
びわトラ2017
すでに出場から1週間たってしまいましたが、参戦記を記録しておきます。
家族や友人の応援も無く、初出場で余裕もなかったので、自前の写真は一つもありません。ということで大会のHPから写真を拝借しました。前にも書きましたが、昔から一度は出てみたいと思っていたトライアスロンでしたが、ついに第一歩を踏み出せました。しかも、一番出場を躊躇していた原因がスイムだったので、写真の自分がスタートした第2ウェーブのスタートがまさしく私のトライアスロン参戦という新しいチャレンジの幕開けとなりました。
出場を決めてエントリーしたのがほぼ3か月前。十分な練習をした訳ではありません。ランは以前から朝ジョギングを2日に1回程度数年前から続けていましたし、バイクはここ半年間は乗ってませんが何年も前から趣味程度に続けてきました。ということで事前準備としてスイムを中心に2か月のにわか練習を行いました。
4月の終わりからスイミングスクールに週2日通い、基本的な泳方を学んで、6月になってからはプールの自由遊泳の時間にできるだけ体力消耗の少ない泳ぎ方と距離を伸ばして続けて泳げるようにセルフトレーニングしたつもりです。そして実際にウェットスーツ着てオープンウォーターで泳いだのは計3回だけ。しかし、やはりこれだけの期間と練習量では、これまで水泳と縁のなかったオッサンが上手に泳げるようにはなりません。最後まで不安を抱えながら、本番のスタートを迎えました。

とにかく、初めての足の着かないところでの遠泳。パニックとならないように、落ち着いて体力消耗の無いように、人込みを避けてコツコツ泳ぎました。なんとか第1ブイを回って第2ブイ、そして1周回して足の着くところまで帰ってくることができました。一人ではなく、周りでたくさんの仲間が泳いでると思えば、気持ちも楽になり泳げるもんですね。呼吸を落ち着けて2周回目に向かいました。このころになると周りはみな同じくらいのペース。特に慌てることなくそのままのペースで2周回目も淡々と泳ぎました。浜が見えてきて足を着いたところで、やっと不安だった気持ちが吹っ飛んでなんか安心しました。タイムを確認したら37分程度。後ろを振り返ったらもうそんなに泳いでいる人はいません。トランジットに行っても残ってるバイクがスカスカでだいぶ後ろの方の順位だということは判りました。しかし、特に慌てません。もともと完走することが目標だったし、不安だったスイムも終わってあとはバイクとランを楽しむだけ。好きなバイクは頑張って走りました。けっこう抜かしましたが、周回コースでは上位選手のTTバイクにはたくさん抜かれました。どうやらバイクの練習不足が露呈したようです。足も結構使いました。その結果最後のランでは一時足が痙攣してストップしてしまいましたが、最後は持ち直してなんとか感動のゴール!!
結果としては、スイムはだいぶ後ろの方の300位台前半、バイクとランは丁度200位前後、総合で200位台前半の完走者総数の半分より少し後ろといった感じです。

総合的な感想として、苦しかったけど久々に充実して楽しかった。次へのやる気も出てきたところで、この気持ちが萎えないうちに今年中にもう1レース出てみたくなり、懲りずに次のレースにエントリーしました。次のレースは、ちょっと遠方ですが、9月30日室戸ジオパークトライアスロンとしました。この夏頑張って練習します。スイムはもう少し安定して泳げるように、バイクは室戸のコースが登りか下りしかないハードなコースなのでヒルクライム強化、ランはこれまでどおりの朝ジョギングの継続といったところでしょうか。ボチボチ頑張ります。
スポンサーサイト
2017.06.25 / Top↑

初めてのトライアスロン挑戦となるびわ湖トライアスロンまで、もうあと2ヵ月となってますが、やっと練習開始か。

朝のジョギングは2日に1度のペースでずっと続けていますが、バイクについては昨年9月末にホノルルから帰って来て、航空便のパッキングから解いたままで一度も乗ってませでした。朝からタイヤに空気を入れて、簡単な点検清掃して出発。途中、岩室の徳本桜に立ち寄りましたが、あとはほぼ走りっぱなしで40km強をソコソコのペースで走れました。こんな感じで走れればバイクは大丈夫でしょう。本番までにもう少し上げていきます 。

続いてスイムですが、本日、スイミングスクール初体験でした。近所のプールでお試しレッスンというものに参加したのですが、レッスン自体はマスターズという大人向けのクラスで40名ほどの参加者でしたが、皆さん中級から上級者で、初心者は私一人、プールの端のレーンでかわいいインストラクターさんにマンツーマンで呼吸法から伏し浮き、バタ足など、しっかり教えていただきました。チョット得した気分です。しかし、馴れないせいか体が沈んだり、すぐに息が上がったり水の中では思うよう動けません。本番までにしっかりと泳ぎ込まないといけないようです。頑張ります。

2017.04.15 / Top↑

家に帰ると軽くて薄っぺらい荷物が届いていた。楽天で注文していた2XUのウエットスーツのようです。
初ウエットスーツとなりますが、軽さと小ささにまず驚き。そして箱の中には試着用の白手袋が入ってます。ゴムの生地がそんなに繊細なのかと、少し緊張しながら、おどろおどろしく試着。もちろん白手袋をはめて。


ウエットスーツを初めて着るので、どの位が丁度良いサイズなのか解りませんが、少し窮屈な位なのでジャストサイズなのでしょう。
実はネットで注文するときに、かなり悩みました。格安品とはいえ、2万円弱する物を、試着もせずに買うなんて、しかも返品不可ということで、慎重になりました。
私の身長は171cm、体重は現在66kg、腹囲82cm、胸囲95cm。2XUのサイズチャート表では、Sサイズが160~175cm、63~70kgとなっており、どうみてもこの範囲内。そしてその前後にはXS、ST、SMとサイズ展開が広い。レビューなんかを見ていると同じような体型の人がSだと窮屈だとだとか、丁度いいとかコメントもバラバラでさらに悩みました。
最終的に窮屈よりも余裕がある方がいいし、ポッコリお腹でもあるので、思い切ってSより3サイズ上のMにしました。
結果としてこの判断が大正解。小さいサイズを着たわけでは無いのでなんとも言えませんが、コレより小さければ息苦しかったかもしれませんし、ファスナーが閉まらなかったかもしれません。
こうなると早くオープンウォーターに出てみたい気分です。
2017.03.15 / Top↑
びわ湖トライアスロン
昔から、ほんとに昔の30年ぐらい前から、いつかはトライアスロンに出てみたいと思いながら気がつくと50才になっていた。ネックとなっていたのはスイムでした。高校の授業以来ほとんどプールなんて入ったことがなく、入ったといえば子供が出来てから長島ジャンボ海水プールか芝政ぐらいです。ポッチャリお腹と毛深い体を晒したくないのでスイミングスクールなんて無縁だと思っていて、スイムの特訓なしではトライアスロン出場なんて絶対無理だと思ってた。しかし先日、高校時代の恩師の還暦パーティで出会った、ずっとトライアスロンをやっている同級生が、スイムなんてウエットスーツ着てたら体が浮くので、何となく手足をバタバタしてたらクリア出来るで、という一言に背中を押されて、勢いでびわ湖トライアスロンにエントリーしてしまった。気が付けばもうあと100日を切っていますが、これから3種目の練習と、必要な道具を買い揃えていかなければなりません。まずはウエットスーツですが、とりあえず、ネット見ながら楽天で探してみます。
2017.03.11 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。